老齢年金の繰り上げ支給について

老齢年金の繰り上げ支給についてのコラムをポスタルクラブに掲載しました。ぜひご覧ください。 男性で昭和28年4月2日以降生まれの方(厚生年金加入期間1年以上)から年金(特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分)の支給開始年齢がいよいよ61歳以降になります。報酬比例部分だけですから、人によっては年金だけでは現役時代(60歳前)の生活を維持するだけの糧を得ることができないという状況にさらされることになることが予想されます。 女性の方は5年遅れで実施されます。したがって、61歳支給開始になるのは昭和33年4月2日以降生まれの方からです。 (※共済年金は男女の区別はありません。したがって、女性の方で共済年金を受給する場合は男性と同じ扱いになります。 両方もらえる女性の方は共済のみが男性と同様の受給になり、厚生年金は5年遅れの扱いです。) もし、60歳以降年金を受給して生活の糧を得たいと考えた場合には、年金を前倒しで請求するという選択をすることができます。 ただし、1回請求してしまうと、後で後悔してももとに戻ることができないので、十二分に検討して決めなければなりません。 詳しくはhttp://www.postal-club.com/finance/まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です